発育が阻害

仮性包茎というものは、日常生活に何ら支障は出てきません。
なので、そのままでいいと考える人が大多数のはずです。
仮性包茎は機能的には問題があるわけではありませんので、必ず手術などの治療をしなければならないというわけではありません。
ただ、包茎というものにはデメリットだけではなく、危険に及ぶこともあるということは認識しておいていいのではないでしょうか。


仮性包茎といえども、そのままにしておけばいつも皮が被った状態で亀頭が保護されています。
正常な発育が阻害されたり、亀頭炎や包皮炎という病気の弊害を生じることがあるのです。
それと皮が被ったままの状態でいると、亀頭の部分的な成長に影響を与えるともいわれています。
具体的なことが、短小なペニスや陰茎の先細りということです。
陰茎の先細りは、成長時にほとんど外に亀頭が露出しなかったために起こる現象なのです。
中には、大人になってもまだ子供のような陰茎の人もいます。


逆に、非包茎の亀頭は露出したままの状態にあります。
その亀頭はのびのびとし、大きく成長するようになってくるのです。


この二つの差を見ていただけるだけで、はっきりと違いは出てきています。
病気の弊害の前に、こういった弊害にも及んでくるのが包茎です。
ペニスは男性にとってはシンボルです。
やはり、短小のペニスや先細りのペニスというものはできるだけ避けたいと思うのが男性の性です。
もし、自分に当てはまると思った人は包茎による弊害ということがわかると同時に、何かしらの対策も見えてくることだと思えます。


○特集
包茎は必ず手術などの治療をしなければならないというわけではありませんが手術を検討している方はこちらのクリニックのサイトをご参考ください >>> 包茎の手術

Copyright © 2014 包茎による弊害 All Rights Reserved.